家族のこと。ハンドメイドのこと。


by hisacchi92
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

卒園おめでとう

f0181396_1481652.jpg



昨日3/14はアヤネの卒園式でした。


お天気にも恵まれとても心に残る1日となりました。



私自身が卒対をやっていたこともあって当日もバタバタと忙しかったのですが
式はじっくり見ることができました。


証書をもらって保護者のほうを向いて証書を高くあげて見せてくれるのですが
そのときの顔がとっても誇らしげで堂々としていてとってもうれしかったです。
3年間の園生活が充実してたんだろうな~と思いました。
f0181396_141325100.jpg





年子の弟と5つ下の弟がいて必然的にお家でもしっかりお姉さんになってしまった
アヤネですが園ではどうだったのかな~と思いました。
先生やお友達に甘えたりしてバランスがとれていたのかな~なんて考えました。
いつもいつもアヤネには我慢をさせてきたこと、自然と譲ることばかりになっていたこと、
ママの膝を独占できなかったこと・・・・かわいそうにも思いましたが
立派に卒園する姿を見てアヤネなりに成長し「自分」がだいぶできつつあるんだな~とか思ったりもしました。

なかなか日常のなかでアヤネとゆっくり過ごすじかんがとれませんでしたが
この日はパパとママだけで式を見に行くことができて本当によかったと思っています。
ぎりぎりまで下の2人を連れて行くかどうか迷いましたが実家も遠く、預けるところもなく、
しょうがないかな~とあきらめていたらお友達が快く「2人とも預かるよ~」と
言ってくれて・・・
彼女も3歳とまだ11ヶ月の子の2人がいるのにうちの子まで面倒みてくれました。
ホントにホントに感謝です。


式の中で理事長の言葉に「ふりかけ3原則」というものがあって
「目をかけ、気をかけ、声をかけ」というフレーズがとても心にのこりました。
幼児から少年、少女にかわっていく小学校時代は親もとても大変なようです。
今まで以上にわが子のこと、しっかり見守らなくては!と強く思いました。





f0181396_14264017.jpg

仲良し3人組!
みんなとってもかわいかったです~
子供たちは卒園の実感がないみたい・・・




f0181396_14275996.jpg

終わってからお世話になった先生方とぱちり。
みんないい顔してる!
別々の学校になっちゃうけどいつまでも友達でいようね!







~卒園式で子供たちが歌ったうた~(歌詞は子供たちと先生で考えて曲は先生がつけてくださったそうです)

  「みんなだいすきな彩(いろ)」

1 ひとりじゃできないことがある
  あめのなかのうんどうかい げきもたいこも
  ひとりじゃつまらない

  かんがえなきゃいけないことがある
  けんかのままじゃいやだから やっぱりともだち
  だいすきなともだち

  みんなひとりひとりがちがうこと すごいことがある
  みんながいてくれたから がんばれた


2 おいしいきゅうしょくをたべたよね
  カレーからあげ スパゲティ あったかいごはんは
  せんせいのこころ

  たいせつなことわすれない
  せんせいのピアノ おりがみもやさしいだっこも
  そのときのかおりも

  みんなひとりひとりが ちがうことすごいとこがある
  みんながいてくれたから がんばれた


3 だいすきなおとうさん おかあさん
  しごと りょうり おせんたく
  びょうきのときも きてくれた
  ちょうとっきゅう

  おおきくなったこと みせたくて
  どんなときもいっしょうけんめい がんばるすがた
  いつもみてくれた

  みんなひとりひとりが ちがうことすごいことがある  
  みんながいてくれたから がんばれた






この歌でほとんどの保護者はやられました。
ハイ。号泣です。

ほんとにいい歌。じぶんたちで考えたからか自信をもってしっかり歌っていたのが
とても印象的でした。

わが子だけでなく卒園児みんながとてもとても立派でキラキラ輝いていました!
みんな胸をはって小学生になれると思いました。




卒園おめでとう。
[PR]
by hisacchi92 | 2010-03-15 14:52 | 行事